へラクロス愛好家のブログ

真面目な考察等。

【S17】鬼火展開EF電Zジュモク軸

この記事を書いてるのが11月8日。
あと1週間で剣盾発売日です。

もう考えてる暇もないので前期の構築をブラッシュアップすることに命を削りました。

そもそも催眠と鬼火で鬼火を選んで6世代を戦っていた自分。
その姿を思い出したので催眠ゲンガーが横行してる中ミラー最弱の鬼火祟り目ゲンガーを採用。

ゲンガーをワンパンされるわけにはいかないのでスカーフへのエスパー透かしと地面透かしを用意します。

これは催眠ゲンガー使いの某から教わったものです。あの人は人間性が最低なのが最後の最後に判明したけどポケモンの腕は本物でいつも俺の指針になってくれました。ありがとう、そしてさようなら。

エスパー透かしはゲッコウガ、地面透かしはグライオンに任せることにしました。
ゲッコウガはスカーフを持たせることでリザや相手のゲコを誤魔化すことが出来ます。
グライオンはハサミギロチンの一撃必殺型です。

後は氷の一貫を切れて絶対零度一撃技を放てるオニゴーリ

ここまで一撃必殺に固執するのは強プレイヤーによる釣り出しや型共有に影響されずに勝ちを掴める可能性があるからです。

例えばたかきおすにグライオンの型を共有されたとしても、グライオンボーマンダ後投げの際にギロチンさえ当ててしまえば勝つことが出来ます。

確率の押しつけはポケモンの「腕」や「情報」の差を確実に縮めることが出来ます。

しかし一撃必殺多投はあくまで最終手段です。実際にレートを上げる際にはまともな立ち回りをしなければなりません。

前期潜ってて気になったのは4点。
・このパーティーはガルーラが受からない
・ゲンガーグロス対面グロスは突っ張る
グライオンギロチン外しの際の不利対面引き先が居ない。
・電磁波状態でジュモク催眠打つ状況多発。

上の2つは鬼火ゲンガーが解決してくれます。どちらも物理ATなので鬼火を撒いてから祟り目、グライに引くなど。
3つ目は標的を絞ることで解決策を見出します。グライに後投げされるのはゲコレヒレポリ2辺りです。
見え見えならレヒレはゲンガーで釣れば良いです。ミミッキュ居なければゲンガー切ってゴーリかジュモク展開させてもいい。ポリ2はゴーリを後投げ、ゲコにはスカーフゲコを後投げします。
4つめは催眠術をエレキフィールドに置き換えることで火力を上げながらZを腐らせないことに成功しました。積むタイミングは鬼火艦隊が作ってくれます。エレキフィールドであくび無効なのは地味にデカいです。

ここまでで
ゲンガー 鬼火祟り目毒技@1
ゲッコウガ 岩封@2
グライオン ギロチン@3
オニゴーリ 絶対零度@3
デンジュモク 10万めざ氷EF蛍火
ミミッキュ じゃれつく影うち鬼火@1

机上論の構築は出来ました。催眠術なんて使いません。催眠術を扱えるプレイヤーは打てば勝てるタイミングが分かってるプレイヤー。俺のような雑魚は大人しく別の型を使うべきです。

こっから実践に持ち込み、技を絞っていきます。
(ウルガ重すぎて草)
ここから先書く内容はシーズン終了、もしくは撤退後に書いている内容です。







作ったけど先に剣盾発売が来てしまったw
最終1564 お疲れ様でした。